【毛髪再生】発毛技術の未来

      2016/07/28

スポンサーリンク

beautiful-mermaid-sachakalis-03

 

毛髪再生の未来

 

 

≪日本≫医療技術の未来

 

 

上記記事でも書きましたが、再生医療の研究は日々進んでいます。

 

今回のお題でもある『脱毛症』

 

最近では男性はもちろん、女性でも悩んでいるケースが見受けられます。

 

この脱毛症、残念ながら現在ではまだ根本治療が確立されていません。

 

日本皮膚科学会が診療ガイドラインで強く推奨しているのは、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える「フィナステリド」などの薬の服用や「ミノキシジル」の頭皮への塗布です。

 

しかしこれらは、薬の使用を続けないと効果が得られなくなり、根本的な症状の改善にはつながらないのです。

 

新しい脱毛症治療への研究

 

 

最近では、新しい脱毛症への研究に関するニュースが多く見受けられるようになりました。

 

これは多くの人々の悩みを解消する為に研究されている一方で、これからの高齢化社会においてとても大きなマーケット、需要を持つ当技術は、経済面からの期待も多くある事が分かります。

 

最近のニュースでは、臨床研究の開始と実用化への計画の発表がメインとなっていますが、その中でも注目を浴びている二つの技術とグループを紹介します。

 

 

 

 

壮年性脱毛症に対する細胞注入治療

 

再生医療による毛包作成および移植による治療

 

 

 

 

【壮年性脱毛症に対する細胞注入治療】

スポンサーリンク

東京医科大学病院と大手化粧品メーカー資生堂
東京医科大学病院と大手化粧品メーカー資生堂のグループは今月(2016・7月)から「壮年性脱毛症」への根本治療への臨床研究を開始しました。
臨床研究では、まず頭の後ろの部分から10本程度の髪の毛が含まれる頭皮を切り取り「毛球部毛根鞘細胞」と呼ばれる細胞を取り出します。そしてこの細胞を3か月ほどかけて百万個にまで増やしたあと、髪の毛が無くなった頭皮の部分に注入します。

発毛を促す細胞を頭皮に注入して髪の毛を再生する臨床研究が行われるのは国内では初めてであり今後5.6年の間に実用化を目指しています。

 

 

 

【再生医療による毛包作成および移植による治療】

理化学研究所と京セラ

 

 

理化学研究所、京セラは、髪の毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官そのものを再生医療の技術を使って大量に作りだし、頭皮に移植することで脱毛症の治療につなげようという臨床研究を始めると発表しました

 

当研究では、脱毛症の患者の頭皮から「上皮性幹細胞」と「間葉性幹細胞」という2種類の細胞を取り出します。

そしてゲル状のコラーゲンの中に入れて培養すると2種類の細胞が混ざり合って、髪の毛を作り出す「毛包」という器官が大量に作られるということで、これを再び脱毛症の患者に移植し髪の毛を作り出すということです
マウスを使った実験では、再生した「毛包」を背中に移植すると3週間ほどで発毛が確認できたということで、グループでは臨床研究を行い、早ければ2020年の実用化を目指したいとしています

 

 

 

 

これらの研究には、私自身大きな期待を持っています。

 

ちょうど実用化がされるであろう時期には、私も脱毛症に悩んでいるかもしれません(笑)

 

そして、何より私自身、髪の毛を扱う仕事に従事している為、これからの医療技術の発展の中でも特に注目している分野の一つとなっています。

 

実用化計画の達成と更なる技術革新に期待して、今後も記事にてフォローしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 - Thing, 医療技術